LINEで送る
Pocket

あなたの傍を愛犬が従って歩く時、アウトドアでの活動はたいへん楽しいものとなります。

子犬と歩く練習するには最初はリードでヒール(側面)につけて歩く方が簡単です。

そうするうちに子犬は人とのコミュニケーションを楽しみ、喜んで飼い主に従って歩くようになるでしょう。

また、たいていの子犬はフードの匂いに引かれるので、トレーニングの間、フードを持ち歩くのも良い方法です。

リード無しで歩く

1.子犬をあなたの左側に立たせ、左側でカラーを掴み、右手にフードを持ちます。

そして子犬の名前を呼び、子犬の注意を引きつけます。

 

2.直線的に歩きながらフードで子犬を誘導し、「ヒール(あとへ)」のコマンドを与えます。

左手は低い位置に置いておき、子犬のカラーを掴まえられるように準備しておきます。

 

3.「ウエイト(まて)」のコマンドを与えて、子犬の右側にひざまずき、フードを低く持って子犬が逃げるのを思いどとまらせます。

同時に手の平を下に向けて子犬の体の下に差し込み、子犬が動くのを防いでください。

 

4.膝をくの字に曲げてフードを子犬の鼻先に保持したまま右へターンさせ、同時に「ヒール(あとへ)」のコマンドを繰り返します。

子犬はスピードを上げて、あなたの周りを回るように歩くはずです。

 

5.左にターンさせるためには左手を使ってカラーを掴み、それで子犬を誘導してください。

同時に「ステディ(ゆっくり)」のコマンドを与えます。

フードは低い位置に保持し、その右手をゆっくりと左へ動かしていきます。

子犬はそれに付いて行くはずです。

 

問題解決

集中力を失う

子犬の集中力が逸れてしまうような時は、左手をカラーに挟み込んで、正しいヒールの位置に子犬を引き戻してください。

バタバタと騒ぐ

子犬がフードの誘いに反応しないなら、大好きなオモチャを見せて注意を引きつけてください。

また子犬を服従させるためにロング・ランを使ってください。

飛びつく

飛びつかさないようにするためには左手で子犬のカラーを掴み、低い位置にご褒美を隠して持って子犬を誘導します。

楽しいトレーニング

子犬がひとつのタイプのご褒美に興味がない場合は、別のものを試すか、大好きなピーピー鳴るオモチャに変えてみましょう。

そしてトレーニングの時間を一度に数分を超えないよう、短めにしてください。

またトレーニングはいつでも楽しいことをして終えるようにしてください。

しつけについて

このページを見ているあなたは愛犬のしつけについて勉強熱心な方だと思います。

愛犬のしつけ方は色々有りますが、書いてるしつけ方法は当HPが設立からあるしつけ方法ですので、過去のしつけ方法と言えます。

私がセミナーに行ってトレーナーの先生に質問をするたびに、年々しつけ方法が変わって来てますのであなたも新しいしつけ方法を勉強して下さいね。

ただし、習うなら雑誌ではなく直接、信頼のおけるトレーナーに聞くのが愛犬の問題解決に一番いいと思います。

こちらにトレーナーのしつけ方法を習えるページが有るので覗いてみてください。

家庭犬しつけ方法

 

LINEで送る
Pocket