LINEで送る
Pocket

物を持ってくる

あなたの犬が物をくわえることと、くわえ上がることを覚えたら、いよいよ物を追いかけて行ってあなたの所へ持って来ることを練習しましょう。

もしあ なたが子犬をトレーニングしているのならば、最初はピーピー鳴るオモチャを使うか、あるいは前の練習で使ったダミーでも結構です。

この練習はあなたの犬に とって、精神的にも肉体的にも楽しいものです。

.確実にコントロールできるように犬にはリードを付けておきます。そして少し離れた所へものを投げる時には、カラーを掴んで犬を押さえてください。

.押さえていたカラーを離すのと同時に「フェッチ(持ってこい)」とコマンドします。物をくわえ上げる練習をした犬は今度は物を追うはずです。

.犬がダミーを拾い上げたら、「カム(来い)」とコマンドして呼び戻してください。犬を励ますために姿勢を低くし、もし必要ならリードを一時優しく引いてください。

.犬の体の側面をしっかりと撫で「グット・ドッグ(よーし、いい子だ)」と褒めて犬の服従性に対するご褒美を与えましょう。あなたの手を犬の顎の下に置き、ダミーを落とさないように支えてください。

.ギブ(だせ)とコマンドして、犬の口からダミーを取り出します。犬がダミーを出したら、すぐに「グット・ドッグ(よーし、いい子だ)」の言葉で褒めて上げてください。

.依然あなたのコントロール下にあることを犬に認識させるために、「座れ」をコマンドしてください。そして最後にご褒美として犬にダミーを返して上げましょう。

問題解決

取りに行きたがらない

もし犬が喜んで物を取りに行かないならば、ピーピー鳴るオモチャを使ってゲームをより楽しいものにしてください。まず投げた物の所までリードを着けた犬と一緒に走って行き、そして徐々にオモチャを投げる距離を延ばしてみてください。

くわえたがらない

犬が投げた物の所まで走っていって行くのに、困ったような素振りを見せるのならば、くわえることを充分に覚えていない証拠です。もっと面白いオモチャを使って、もう一度「ホールド」のコマンドを教えてください。

戻って来たがらない

犬が投げた物をくわえ上げるのに、あなたの「カム」のコマンドに応じないようならば、もってこいの練習を続ける前に呼び戻しのトレーニングに戻ってください。

物を落としてしまう

投げられた物をくわえ上げ、くわえて戻って来ようとしても物を落としてしまうようならば、もう少しくわえの練習が必要です。犬がこの練習を上手く出来るようになったら、また短い距離から徐々に距離を延ばすようにして、持ってこいの練習を続けてください。

子犬の持ってこい

この練習は子犬と遊ぶゲームとしても利用できます。しかし子犬にオモチャを咬ませておき、それを取り上げようとしてはいけません。子犬が自然に咬んでいた 物を離した時に褒めてあげるようにしましょう。子犬は普通自分のオモチャを”安全な場所”に持って来るものです。これを利用してそこからオモチャを投げれ ば良い訳です。

しつけについて

このページを見ているあなたは愛犬のしつけについて勉強熱心な方だと思います。

愛犬のしつけ方は色々有りますが、書いてるしつけ方法は当HPが設立からあるしつけ方法ですので、過去のしつけ方法と言えます。

私がセミナーに行ってトレーナーの先生に質問をするたびに、年々しつけ方法が変わって来てますのであなたも新しいしつけ方法を勉強して下さいね。

ただし、習うなら雑誌ではなく直接、信頼のおけるトレーナーに聞くのが愛犬の問題解決に一番いいと思います。

こちらにトレーナーのしつけ方法を習えるページが有るので覗いてみてください。

家庭犬しつけ方法

 

LINEで送る
Pocket