LINEで送る
Pocket

犬と子供

子供にどうやって犬を近づけば良いのかを教えることは、犬にどうやって子供とつき合えば良いのかを教えることと同等に重要な事柄です。あなたは全て の犬が友好的ではないと言うことと、犬に触るのならその前に飼い主に尋ねなければならないと言うことを教えておくべきです。そして絶対に犬に駆け寄った り、からかったり、大声を上げたりしてはいけないと言うことも指導してください。また子供たちが成長し、分別を身に着けるまでは、犬のトレーニングや食事 の係にしてはいけません。

アイ・コンタクトをしないように

子供が犬とでなく、あなたとアイ・コンタクトすることを確認してください。子供は大人よりも小さく、権威にも乏しいので犬に噛まれる危険性が高いのです。

優しく撫でるように

犬の正面からではなく側面から撫でることと、犬の頭を叩くように撫でてはいけないと言うこと子供たちに教えてください。犬が大人しくしていたら褒め、逆に怖がったり唸ったり、咬もうとしたら厳しく叱ってください。

興奮と服従

子供たちのボール遊びのように、犬にとって興奮してしまう行動の中でも伏せをしていられるように犬をトレーニングしましょう。犬は遊びの状況下で自然に咬むという行動をとりますので、小さな子供たちのいる所に犬を単独で放置しないでください。

食事のマナー

犬に許されたときだけフードを与えるトレーニングをすることで、子供から食べ物を取り上げてしまわないように教えてください。そして子供が食べている間、おとなしく座っていたら褒めてあげましょう

幼児に紹介する

新しい犬には幼児の匂いを嗅いだり調べたりすることを許して上げましょう。但し安全な犬と確信でき、あなたが同伴しているときに限ります。

安全第一

よちよち歩きの幼児の側では犬にマズル(口輪)を着けるべきです。警戒心が強い犬や、物を追いたがる性格の犬、また以前誰かを脅かしたり噛んだことのある犬、充分に服従訓練されていない犬の場合には特に重要です。

新しい赤ちゃんとの対面

犬に赤ちゃんを見たり匂いを嗅いだりさせてあげますが、触れさせないようにしてください、そして赤ちゃんのいる所で犬を褒めたり、一緒に遊んだり、フード を与えたりします。赤ちゃんの泣き声や動作は犬に神経質な行動を起こさせることがあるので、もし心配なようでしたら、プロフェッショナルに相談してみてく ださい。

しつけについて

このページを見ているあなたは愛犬のしつけについて勉強熱心な方だと思います。

愛犬のしつけ方は色々有りますが、書いてるしつけ方法は当HPが設立からあるしつけ方法ですので、過去のしつけ方法と言えます。

私がセミナーに行ってトレーナーの先生に質問をするたびに、年々しつけ方法が変わって来てますのであなたも新しいしつけ方法を勉強して下さいね。

ただし、習うなら雑誌ではなく直接、信頼のおけるトレーナーに聞くのが愛犬の問題解決に一番いいと思います。

こちらにトレーナーのしつけ方法を習えるページが有るので覗いてみてください。

家庭犬しつけ方法

 

LINEで送る
Pocket