愛犬の骨格異常

LINEで送る
Pocket

関節炎

犬の関節炎では、関節が変形してしまう病気、変形性骨関節症が最も多い。

炎症を起こす部分は様々で、老犬に多い。

関節炎の原因は、先天性奇形(股関節形成不全など)、ケガ、老化によって自然に起こる摩耗などがある。

体を休めた直後はいつもより動きがこわばっているが、動き回ると痛みがなくなるように見えるのが、関節炎の最初の徴候である。

痛みの原因を突きとめなければ治療できないので、まず獣医に相談する必要がある。

通常の変形性骨関節症には、いくつかの抗炎症剤を組み合わせて与え、適度な運動と減量(太りすぎの場合)を行うのがよいとされる。

太りすぎは痛んだ関節によけいな負担をかけてしまうからだ。

 

股関節形成不全

股関節形成不全は、股関節の骨の位置がずれる先天性異常である。

成長とともに股関節に痛みが出て、関節炎をわずらうようになる。

股関節形成不全はすべての犬種にみられるが、大型犬のほうがより症状が重い。

診断は診察とX線写真で行い、関節再生手術、大腿骨頭除去、人工股関節導入などの処置が施される。

内科的治療は関節炎と同じである。

 

脊椎周辺の痛み

人間と全く同じように、犬も背部の不調に悩まされる。

階段を上がったりソファなどの上に飛び乗ったりするのをいやがったら、背中や腰の痛みが疑われる。

触れたり、抱き上げたりすると痛がって吠えることもある。

単なる筋肉痛という場合も多いが、椎間板ヘルニアが原因の場合もありうる。

ヘルニアの程度が軽ければ多少不快感があるだけだが、重ければ体の一部または全部が麻痺してしまう。

脊椎周辺の不調はすべての犬種にみられるが、ダックスフンドやウェルシュ・コーギーのように、胴体が長く足が短い犬が最も異常を生じやすい。

また太りすぎている場合はかなり危険性が高くなる。

痛みに気ついたらすぐに獣医の診察を受けること。

筋肉痛をやわらげるには、安静にさせ、筋弛緩剤と抗炎症剤を与えるのが一般的である。

重傷の椎間板ヘルニアの場合はすぐに手術をする必要がある。

 

ペットのお薬をお探しならこちら

LINEで送る
Pocket

Copyright(c) 2012 愛犬美容ドリームドッグAll Rights Reserved.