ノンシリコンとオンシリコン

2013-04-13
LINEで送る
Pocket

先日、シャンプーメーカーの方と話している時におもしろい話が聞けましたので書いときます。

その話の内容は今話題になっているノンシリコンという言葉
髪にシリコンは悪者みたいに宣伝されてますよね
でも、シャンプーはノンシリコンでもコンディショナー&トリートメントはシリコンが大量に入った商品が出回ってますよって言われてます
なのでノンシリコンとオンシリコンの良い所、悪い所を書いときます。

まず、ここまで、ノンシリコンがなぜ流行ったかと言えば
人間の美容室でカラー&パーマを当てた時にシリコン入りで洗っている人たちはパーマ&カラーが入りづらいのです。
特にシリコン入りのア○○○○&ツ○○○○、この2商品を使用していた人たちの髪にはカラー&パーマが当たりづらかったみたいです。
この流れからシリコン入りは作業の邪魔物扱いされてノンシリコンが謳われていったとの事です。

じゃ、シリコンの効果はなんなのってなりますよね
簡単に言えば、シャンプー&リンス系に入っているシリコンは指通りを良くするコーティング剤なのです
このコーティング剤をシャンプー&リンス系に入れたらカラー液もパーマ液も弾かれてしまって入りづらくなるのです。

じゃ、シャンプー&リンス系に入ってる何がシリコンなのかは
人間が使う商品に対しては全て成分を表示しなさいと法律で決まってますので
容器の裏の成分一覧表にジメチコン、シクロメチコン、シロキ、シリカ、メチコンという言葉がつく成分が全てシリコンです。
この言葉が付いていない商品は全てノンシリコンとなります。

この成分を知ってたらかなりの数の商品がノンシリコンのシャンプーになってると気づくはずです。
こう言う成分を知らなくちゃ、シャンプー売り場でノンシリコンシャンプーと書いてある商品しか手が出せなくなってませんか?
なので成分をきちんと把握してからシャンプーを買うようにしましょうね。

ここからは、リンス系について
リンス、コンディショナー、トリートメントは髪を落ち着かせる効果が有る物と髪をボリュームアップさせる効果の有る物が有りますよね。
*ツヤを出し、サラサラとした指通りにし、髪を落ち着かせたい人にはシリコン入りのリンス系が向いています。
*髪の毛が細くて根元からボリュームを出したい人はノンシリコンのリンス系と使い分ける方が良い。

この事を考えながら自分の髪に合った商品をきちんと選んであげてくださいね。

LINEで送る
Pocket

Copyright(c) 2016 愛犬美容ドリームドッグAll Rights Reserved.